読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30minute

で書く適当

今年の夏も旅をした その1

チャリと電車を併用して色んな場所へ行って、色んな人にあって、色んなモノを食って飲んできた。

 

出発は8/6。

地元のJR駅で一番近いと思われる「浮間舟渡駅」からスタート。

 

まずは軽井沢。横川まで輪行して昨年に続き碓氷峠アタック。途中で一緒に泊まる安井君&さっちゃんに追い抜かされながらのんびりヒーヒーヒルクライム

 

今年こそは足つきなしで!と意気込んでみたけれど結果R131?だったかな。でへたる。

二泊三日の最後の軽井沢はなんか“最後”って実感がなくてとても不思議な時間を過ごした。

 

軽井沢最終日、早めに宿を辞してチャリで直江津へ。高原が爽やかだったな。

「宿泊施設はそれなりだけど料理だけは美味しい」

という宿に一泊して翌朝は富山へ。

 

曇り空でいいコンディション。と思ってたら日本海側の峠はキツイ。ましてや直江津から富山まではJRじゃなく第三セクター路線。幸いにもサイクリングロードがあったから厳しい横風は多少避けられたものの、サイクリングロードが終わってからはひたすらアップダウン。

海風と坂道のダブルはまるで水飴の中を走ってるような感じだった。

 

ちょいちょい雨に振られたけど、親不知という峠を超えた辺りで本格的な雨に。

パンツや靴下までビチョビチョになったところで心が折れてローカル線に乗車。クーラーが入ってるから服は乾くが身体は冷え、おまけに自分の汗の臭いがムンムン。同乗した他のお客さんには恐縮するばかり。

 

当初チャリで富山まで行く予定が輪行になったことで、チェックインの時間より大分早く富山の宿に到着。したけど誰も居ないので近くのコンビニで水分と食料を補給しつつ服や靴を乾かす。

 

このときかな。オリンピックで誰かが金メダルを獲った、つー号外をコンビニのオニーサンがから貰ったのは。記事はありがたく読み、少しでも早く乾くようにと丸めてスニーカーに突っ込んだ。